田鶴濱守人 黒錆釉7寸皿

シンプルな基本の7寸皿。
お肉やお魚プラス付け合わせの盛り付けのお料理には欠かせない大きさの器です。
我が家での7寸皿使用確率はほぼ毎日と言ってよいくらい出番が多い大きさです

田鶴濱さんの器はとてもシンプル、だからこそ際立つ鉄錆釉の美しさが感じられます。
お料理を盛るとまたぐっとこの器の良さが引き立つのだと思います。

この作品は目跡がございます。
目跡とは器を重ね焼きするときに、器と器が溶着しない
ように間に小さなもの挟み焼成した時の跡になります。




黒錆釉といった独特の質感を持つ田鶴濱さんの器。
茶色を感じるが箇所があったり、粒々と石を感じたり、真っ黒ではなく自然界の中に存在するような黒に近い色・・・そんな表現がぴったりな器です。



サイズ直径22×高さ約3cm
重さ約490g




このうつわは土を精製しすぎることなく作られています。
表面に黒い粒や「ピンホール」と呼ばれる小さな穴がみられることがございます。
土は収縮し石は膨張するという性質があるので、焼成の際に石が表面に浮いて石の周りに小さな亀裂が見られたり、
焼けて無くなり小さな穴となっている部分がありますがお使い頂くには問題ないものです。
これらを含め荒土本来の姿を残した器としてご理解の上お買い求めくださいませ。

手作りのうつわですのでサイズや釉薬の具合などひとつひとつに若干の違いがございます。
ご了承の上お買い求めくださいませ。

型番 tm023
販売価格
3,600円(税込3,888円)
購入数