この錆漆の作品を初めて目にしたとき今まで見たことのない質感が素敵で無駄のないシンプルなフォルムが
大浦さんの生み出す器の質感を更に美しく際立つのだと思いました。

錆漆の表現(テクスチャー)に、器の表面にうるしを塗り余分なうるしを拭き取り、
窯で焼きつけ器と皮膜したうるしを一体感に仕上げるという大浦さんオリジナルの錆漆。
錆漆に合う器として製作された枯粉引もおすすめです。



大浦裕記

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 3商品中 1-3商品
  • 次のページ