京都の北部、大自然の中に高木さんの工房と住まいがあります。
高木さんの粉引きには沢山の色があって、柔らかい色、やさしい色、強さという色
それがきっと高木さんの言う自然(じねん)に通じているのだと思います。

土の話を沢山されていたことが印象的でした。
その器の用途に合う土を感覚的に選び自然(じねん)の器は出来上がります。
毎回最初からどういうモノを作ろうってことはなく、ロクロをひきながら作品のカタチが出来上がるのだそう。
土と向き合い土と対話をしながら生まれるもののカタチが高木さんの器です。



高木剛

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 9商品中 1-9商品
  • 次のページ